あなたの夢を叶えます。専門学校で

美容師になるには、美容学校を卒業する必要がある

美容師になるためには、特に資格を必要としないヘアメイクアーティストとは違い、厚生労働大臣が発行する美容師免許を取得する必要があり、美容師国家試験に合格しなければなりません。そのために美容学校に通う際に注意しなければならないのが、ビューティカレッジスクールやヘアメイクアーティストスクールという学校名を使いながら、厚生労働大臣の認可を受けていないスクールがあることです。そのような学校を卒業したとしても美容師国家試験の受験資格を与えられず、美容師の資格を取れないこともあります。美容師は、ヘアメイクアーティストに比べ、カットだけでなく、カラーリングや、スタイリングなど幅広いヘアアレンジを行うことができます。

衛生管理・生物化学的な知識を身につける

美容学校では、ただ単にヘアアレンジをし、髪を美しく見せるだけではなく、様々な学科があります。公衆衛生や感染症などの環境衛生知識を学ぶ衛生管理、皮膚や髭などについて生物化学的な学科、薬剤の知識や美容用具の正しい使用方法を物理的視点から学ぶ物理化学、文化論的な視点からヘア・ファッションの歴史を学ぶ学科、など様々な美容について学びます。それに加え、技術面でも様々な技術を習得する必要があり、頭髪を整えて容姿を美しく見せる技術を学ぶカッティング、ワインリングと呼ばれるパーマネントウエーブを頭髪に施す実習訓練などがあります。その他にも、ネイルやエステ、着付け、シャンプーブローなど様々な美容に関する実習を専門学校では身に付けることができます。

© Copyright Quality Guaranteed. All Rights Reserved.