どうすれば美容師になれる?もっと学びたい?その思いを専門学校で解決!

美容師になるための必須条件とは

美容師は一人ひとりに合った髪型を提案し、毎日を快適に過ごすことができるようサポートする重要な職業です。しかも一発勝負でやり直しが効かないため高い技術を必要とします。美容師になるには美容師国家試験に合格し、厚生労働大臣が発行する美容師免許を取得しなければなりません。そして美容師国家試験を受験する条件として、美容学校を卒業することが必要となるため美容学校に通う必要があります。一言に美容学校と言っても3つの課程が設けられており、自分に合った方法で学ぶことが可能です。まず2年制の昼間課程があげられます。次に2年から2年6カ月程で卒業できる夜間課程では昼間に仕事をしている人でも通いやすいのが特徴です。そして通信課程はレポート提出と学校での面接授業に出席することで卒業できるタイプの学校となっています。

専門学校で学べることってどんなもの?

実際に美容学校ではどのようなことを修得することができるのかをご紹介します。学科授業と実習授業があり、昼間課程の場合1400時間以上の履修となっています。学科授業には理美容の法令や制度を学ぶ関係法規や衛生管理、皮膚や髪などについて生物化学的に学習する保険などがあります。他にも物理や化学、文化論、運営管理、技術理論と必要となる知識が盛り沢山です。そして実習授業では美しいスタイルに仕上げるためのカッティングやパーマなどの技術にあたるワインディング、ローラーカールやウェーブローションなどを使用したセッティングを学びます。加えてシャンプーやブロー、カラーリングは勿論のことネイルやエステ、デッサン、着付けなどにも触れることができます。

© Copyright Quality Guaranteed. All Rights Reserved.